蛇の道は蛇:カゲロウラン

オイオイ韓国ドラマかよ~脚本家がなんの脈絡もなく、物語を面白くするために恋人同士を巡り合わせる話て現実にも
  あるんですね、オオナンバンギセルと残り物のホンゴウソウを見に行く、計画を前日入りしていたUさんより
終わっているので河岸を代えようよと、提案があって同じ県内のシュスランてんこ盛り会場へ転進したところ重たい三脚
c0008948_02273.jpg

  顔立ちは赤いハンチングを被り美人と言うより、なでしこジャパン川澄奈穂美風のキュ-ト系
でもしカゲロウランが結婚詐欺師だったらいいお仕事をしそう、騙されても許してしまいそうな可愛さがある 
にキヤノンフルサイズカメラの携えて方を先頭に下って来れば、なんでこの場所にと軽くジャブを出したくなります。
当然その筋の方々ですから、戦国時代の名乗り見たいなものですね、話を進めれば同定でお世話になっている
○○県の○さんそして2年前だったか奥多摩でお会いしたる○○の○さんそのお仲間達と分かってびっくりなんでも
道中Tの話のでたとか世の中わかりませんね、まぁこの業界も収斂が進めば何時かはバッタリするのはありえます。
             またバスでUさんとアケボノスシュランの話していたら運転手さんもお好きな方で
              ベニシュスランも咲いている場所も教えていただきこちらも思わぬ出会いでした。
c0008948_227056.jpg

高尾山花と木図鑑に95.10.10のカゲロウランが載っているが、その後の情報はないここは増えている様子
                                           こちらはなんだミヤマウズラか~
c0008948_539526.jpg

                                 オオシマシュスランも甘やかされないねなんだ~
c0008948_5253312.jpg

 他所ではチヤホヤされてもここでは、シュスランねもういいよと 上げといて思い切り落とす浮気な世間の扱い
c0008948_5282945.jpg

                              なぜか千切れた葉が多いカゴメラン きれいな葉は少ない
c0008948_5505029.jpg

なんか他の花は無いの、山登りの楽しみも無い海岸から歩いても標高差は200m弱弱藪を突けばマムシが怖いや
下ればスッパリと切れ落ちた崖にぶつかる怖い地形でお宝探しも腰が引ける。お遊びなんだから冒険はちょっぴり
だけここは自制が肝心であります地元の方へ礼を尽くして情報を得るのが身のためと聞き取り調査でございます。
c0008948_13104389.jpg

                                                       ヤブツルアズキ 
c0008948_1316154.jpg

 一人きりの贅沢な時間だね、海が青から朱に染まる景色を見ながら本物のビ-ルが旨い 9月19日歩く


                                                                        

by takigoyama | 2011-09-19 22:07 | 自然 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://takigoyama.exblog.jp/tb/16872979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MM at 2011-09-20 14:27 x
昨日はお目にかかれて、感激しました。
限られた植物を求めて訪れれば、出会いは必然かも知れません。
カゲロウランはとっても綺麗に撮れています。
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by takigoyama at 2011-09-20 21:22
こんばんわMMさん草刈りの管理人さんに花撮影の方がいると
すれ違いに聞いていたのでもしやの期待はありました。
あの場所は光が強すぎて、背景もゴチャゴチャして難儀します。
こちらこそよろしくお願いします。