タカオワニグチソウ : ワニグチミヤマナルコユリかも

その場で認識できたらイエ-イと喜んでいたけど、画像を整理していて気が付くなんてまだ甘い
 鳩山前首相のサムアップに記者団からもしもしそれは高嶋家の伝統芸能でしょうと突っ込んで
            欲しかったと思うのはTだけと小ネタを振って本題に入ろう
c0008948_17163787.jpg

並べてみれば、個体差とは言えないほどに違いますね、花はミヤマナルコユリ風で苞も
      筒状花に沿わないで離れている。ワニグチソウと比べて幅はやや狭い
    苞葉が小さくて細長い個体を(披針形~線形)をドウモンワニグチソウと言うらしい
高尾・奥多摩植物手帳と高尾山花と木の図鑑にに写真はあるが、あまり注目されていない
 近くにはミヤマナルコユリも咲いていてワニグチソウとの雑種と考えるのが妥当か
ワニグチミヤマナルコユリかもしれない 6月14日追記

by takigoyama | 2010-06-11 17:15 | 自然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takigoyama.exblog.jp/tb/14566482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。